メダカの水換えの頻度・タイミング・水合わせの重要性

メダカ飼育

メダカの水換えの頻度・タイミング・水合わせの重要性

皆さん、メダカを飼うには、

水が命というフレーズを聞いたことは

ないでしょうか。

初めてメダカを飼う方は、

水替えって必要なの?

水替えの頻度はどれぐらいなの?

どうしたらいいのー?

と思っちゃってると思います。

初めて飼う方や水換えに悩んでる方に

みて欲しいです。

メダカにとって水とは、水換えの必要性

まず、メダカは水がないと生きていけないのは、

皆さんご存知だと思います。

生きていくのに必須な環境であります。

人間に例えたら、

水は人間で言う空気みたいなものですよね。

空気が汚れて汚染されていたら、

人間はどうなりますか。

病気になるか、最悪死んでしまいますよね。

水も同じで汚染されていたら、

メダカも同様に病気や、最悪死んでしまいます

これらのことが起きてします。

じゃあ水換えしないと。。。

と思いますよね。

人間が容器で飼う場合は水換えは

必ず必要なことだとわかりますよね。

普段生息している川などでは、

容器飼いと違い、水が循環しています。

人間が手をかけなくても大丈夫と言うことです。

水換えのタイミング

容器の水量でもメダカの数でも

何でもそうですが、人によって飼育環境が

違うと思います。

飼育環境によってさまざまタイミングが

あると思います。

誰がみてもわかるような水が茶色になっている、

メダカが大量に死んでいるなど

の場合はもちろん水を変えてあげて下さい。

その他のことで一番大切なのことは、

メダカをよく観察してあげて下さい。

メダカが元気に餌食べてくれないな、

メダカが容器の底や隅でじぃーと動かない、

など変化に察してあげて下さい。

これはかなり重要です。

こう言う変化に気づくというのは

かなりのパーセンテージで慣れが

重要になります。

誰がみてもわかる水質悪化はもちろん、

メダカの変化にも敏感に気づいてあげることが

大切です。

 



水換えの頻度

基本は2週間に1回程度と言われています。

しかしながら飼ってる環境が皆さん違うので

一概には言えません。

季節によっても水換えの頻度を

変えないといけません。

はメダカが元気に動き、たくさん餌を食べ、

餌の残りカスやフンなどを大量にするため

水質悪化するスピードが他の季節より

格段にあがります。

1週間に1回それでも少ない場合は、

3日に1回水換えを行いましょう

また、気温が温かい水中酸素量が減るため

水中の生き物(バクテリア)などが

死んでしまい、腐敗します。

それによっても水質悪化のスピードを

あげてしまいます。

冬場はメダカの活性が下がり、

餌も食べなくなります。

水質悪化しにくい為、2週に1回

水換えも必要はないです。

一番良いのは大きな容器で飼うことです。

大きな容器で買うと、水量が多いため、

水質悪化になるスピードが格段に下がります。

飼育環境によって異なるが、

基本は2週間に1回程度

夏は

1週間に1回それでも少ない場合は、

3日に1回水換えを行いましょう。

冬は

2週間に1回も水換えも必要はないです。

水合わせ

メダカの水を変える時は水合わせを

しっかり行いましょう。

水合わせをすることで、メダカの

ショック死を防ぐことができます。

人間でもヒートショック現象があるぐらいなので

人間よりも弱いメダカなら余計に負担になります。

袋か何かに入れて新しい水を入れている容器に

浮かべて水の温度を合わせてあげて下さい。

かなり大切です。

袋か何かに入れて新しい水を入れている容器に

浮かべて水の温度を合わせてあげて下さい

まとめ

水を制するものはメダカを制する。(パート2)

たぬメダカでした。。。

\多くの方に見て頂きたいのでポチッと応援お願いします/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
メダカ飼育
スポンサーリンク
たぬメダカをフォローする
スポンサーリンク
たぬメダカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました