メダカ飼育における卵の管理と孵化の方法

メダカ飼育

メダカ飼育における卵の管理と孵化の方法

メダカを繁殖において

必ずしも通る道が卵の管理です。

初めて飼う方だと

メダカ卵つけてるんだけど、
どうしたらいいの?
卵を産んでるんだから死なせたくない。
え。どう管理したらいいの?

という悩みに必ずぶち当たります。

どういう風に対処をしたら良いのか

説明していきたいと思います。

卵の見つけ方

まず、ペアでメダカを飼ったのは良いものの、

卵ってどこにつけるの。
どこにあるの?

という疑問にぶち当たるかなと思います。

卵は↓ようなところにあります。

メスがお腹のあたりに卵をぶら下げている

水草や産卵床についている

もしくは底に沈んでいる

卵を産んだ直後であれば

(早朝に卵を産卵します)

メスがお腹のあたりに卵をぶら下げています。

この卵をつける水草や産卵床を、

水中に設置してあげましょう。

メダカによって水草や産卵床には好みが

ありますから、好んでつけてくれるモノを

用意しましょう。

 



有精卵と無精卵の見分け方

卵は有精卵だけ取り管理しましょう。

有精卵の特徴

  • 少し黄ばんでいる。
  • 手ですりつぶしても潰れない。

無精卵の特徴

  • 色が白い
  • 手ですりつぶしたら潰れる。

卵を採取できたらどうすれば良いの

隔離して管理してあげましょう。

メダカのいる容器にそのままに

しておくとメダカが卵を食べてしまいます。

見つけたらすぐに隔離してあげて下さい。

別の容器に隔離してあげたら、

水道水などの塩素が入っているもので

管理してあげて下さい。

卵の状態だと塩素の影響を受けず

防カビの効果を受けることができます。

一番良い管理方法は

メチレンブルーなどの防カビの液体を使うと

良いでしょう。

メチレンブルーをそのまま使うとかなり濃いので

水道水などで薄めて使ってください。

水の色はほんのり薄い色がつくようにしましょう。

管理方法

卵を入れている飼育水はできれば

毎日変えてあげて下さい。

水カビはかなり早くやってきます。

茶こしなど使うとかなり簡単に水換えができます。

メチレンブルーに浸けていると

有精卵と孵化しない卵を

簡単に見分けることが可能です。

有精卵は

  • あまり青色にはならず、透明のまま。

無精卵や死んだ卵は、

  • 真っ青に染まったり、白くなったりします。
  • メチレンブルーにはこういう効果もあります。

何日で孵化するの

一般的に250度日と言われています。

水温が25度の時が10日続けば孵化するという

計算になります。

水温が低い場合は、ヒーターを使うのも手です。

孵化したらどうするの

孵化したら水温などの水合わせをして

飼育容器で飼いましょう。

私は元々飼育している容器の上に

プラスチックなどのカップを浮かべて

そこに卵を置いています。

こういった方法だと水合わせの時間も

短縮できます。

まとめ

産卵したら有精卵だけに選別しましょう。

別の容器に移し替えましょう。

できるだけ毎日水換えをしましょう。

水合わせをして飼育容器に入れてあげましょう。

これらの点を守って飼育してみてください。

たぬメダカでした。。。

\多くの方に見て頂きたいのでポチッと応援お願いします/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
メダカ飼育
スポンサーリンク
たぬメダカをフォローする
スポンサーリンク
たぬメダカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました