メダカ初心者は容器に困ったら発泡スチロールで飼ってみよう

メダカ飼育

メダカ初心者は容器に困ったら発泡スチロールで飼ってみよう

メダカ飼育をする際、

容器何がいいんだろう?
お金かけたくないしなー。
どうすればいいのー?

っていう悩みが出てくると思います。

そんな時発泡スチロールを

使ってみてはいかがでしょうか?

メダカ飼育における発泡スチロールについて

説明していきたいと思います。

発泡スチロールで飼育するメリット

発泡スチロールで飼育するメリットを

説明していきたいと思います。

安いもしくはタダで手に入る

発泡スチロールは安く手に入れれる、

またはタダで手に入れることができますよね。

どこで安くで手に入れれるの

発泡スチロールは

ネットやホームセンターなどで安くで

手に入れることができます。

どこで無料で手に入れれるの

魚屋さんや八百屋さんなどで

商品の梱包に使われていることが多く、

店員さんにお声がけしたら、

いただけるかもしれません。

また発泡スチロールはいろんな用途で

使うことができますから、

家の中を探せば見つかるかもしれないですよね。

こういった形で発泡スチロールを

安く、もしくはタダで手に入れるのが

良いかもしれません。

さまざまなサイズがある

発泡スチロールってかなりの種類の

サイズが存在しますよね。

針子用に小さな容器を使うもよし、

メダカをたくさん入れたいから

大きい容器を使うもよし、

いろんなメダカに合うサイズが

発泡スチロールにはあるため

かなり便利だと思います。

保温性、断熱性に優れている

保温性に優れていると聞くと

夏は水温あがっちゃうからメダカ
飼えないんじゃないの?

って思われるかもしれませんが、

断熱性にも優れています。

断熱性に優れているということは、

外気の熱を遮断する効果もあります。

また保温性に優れてるということは

別の言い方をすれば、

急激な温度変化に対応できるということです。

夏とはいっても一日中暑いわけではなく、

夜になると水温も低下しますよね。

こういった時に保温性に優れていると

急激な温度変化に対応ができ、

メダカの体調が悪くなることを

回避することができます。

 



発泡スチロールで飼育するデメリット

これだけメリットがある発泡スチロールですが、

ちゃんとデメリットも存在します。

発泡スチロールは耐久性があまりない

発泡スチロールは他の容器に比べて

耐久性があまりありません。

なのでいつヒビが入ったり、

割れたりするか分りません。

日光をあびたり、大量の水を入れたりするなど

すると、劣化が早くなります。

発泡スチロールの状況をみて、

少しでも異変を感じたら

新しい発泡スチロールに変えてあげるのが

良いかもしれません。

まとめ

初心者が飼うには発泡スチロールで

十分だと思います。

コストもかかりませんしさまざまな

メリットもあります。

初心者の方は是非試してみて下さい。

たぬメダカでした。。。

\多くの方に見て頂きたいのでポチッと応援お願いします/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
メダカ飼育
スポンサーリンク
たぬメダカをフォローする
スポンサーリンク
たぬメダカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました