メダカ水槽で底土(赤玉土)を使用する効果や必要性

メダカ飼育

メダカ水槽で底土(赤玉土)を使用する効果や必要性

よし。今からメダカ飼育を始めるぞ。

と思った時、

赤玉土とかみんなひいてるけど必要なの?

あれってどんな効果があるの?

どうしたらいいんだろう?

といいう悩みにぶち当たると思います。

私も実際そうでした。

では実際どうすればよいのでしょう?

赤玉土って?

普段生活している中で赤玉土っていう言葉を

聞くことってあんまりないですよね。

むしろ私はメダカ飼育を始めて

初めて聞きました。

赤玉土は園芸なので使う玉になっている土のことです。

100円均一なんでも売っていますし、

ホームセンターなどでも数百円で売っています。

メダカ飼育に使う上でのメリット

水質を綺麗、安定させてくれる

赤玉土は水質をきれいにするバクテリアの

住処にすることができるからです。

赤玉土の粒が多孔質になっています。

ここで言う多孔質というのは、

空洞が無数に空いているということです。

粒の中に空洞が無数に空いていることで、

バクテリアが住処にすることができます。

値段も安く、メダカの住みやすい環境を

作ってくるなんて素晴らしいですよね。

価格が安い

先程を申しましたが、

価格が安いのはかなりのメリットです。

大量にメダカを飼育される方だと、

容器代から底砂代など

かなりのコストがかかります。

赤玉土は10キロあっても数百円で

買うことが可能です。

安いのも魅力ですよね。

水草を植えることができる

もともと園芸に使う土なので、

水草を植えるにも適しています。

水草を植えるとプラスで水質を

水質を安定させてくれますし、

見栄えを良くなり、メダカの水槽を

見るのが楽しくなりますよね。

赤玉土は水質をきれいにするバクテリアの住処にすることができる

価格が安い

水草を植えることができる

 



メダカ飼育に使う上でのデメリット

デメリットも話しておきたいと思います。

玉が崩れやすい

赤玉土の玉はもろいです。

握っていただければ分かると思いますが、

すぐに玉が土になってしまいます。

慎重に扱いましょう。

水換えが手間になる

メダカ飼育には水換えが必要となることが

多いと思います。

容器の底に砂や土などがあると

水を全替えする時に面倒くさいと思います。

少しの水換えなら大丈夫なのですが、

全替えとなるとしんどいですよね。

玉が崩れやすい

水換えが手間になる

 

 

まとめ

赤玉土を使用する際はしっかりメリット・デメリット理解しておきましょう。

飼育環境で使用するかしないかは決めたいところですね。

たぬメダカでした。。。

\多くの方に見て頂きたいのでポチッと応援お願いします/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
メダカ飼育
スポンサーリンク
たぬメダカをフォローする
スポンサーリンク
たぬメダカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました