メダカの飼育環境対決-室内vs室外-メリット‐デメリット

メダカ飼育

メダカの飼育環境対決-室内vs室外-メリット‐デメリット

皆さん一度は

メダカって室内飼育、室外飼育どっちがいいの?

室内で飼育していてメダカがよく死ぬ場合

室外飼育のほうがいいのかな?

逆に室外で飼育していてメダカがよく死ぬ場合

室内飼育のほうがいいのかな?

など思われて検索される方が多いはず。

どっちが良いか決着をつけましょう。

室内飼育のがメリット

まずは室内飼育のメリットを

話していきたいと思います。

憧れのアクアリウムができる

皆さん魚を飼ったことある人は

一度は憧れる、アクアリウムが室内だと可能です。

室外だと気温の変化や水質の変化により

水草などの飼育が難しい場合があります。

自分好みのレイアウトでメダカ飼育を

より一層楽しませてくれます。

ヒーターを使用したり、ライトを使用したりして、

水草やメダカの住みやすい環境を作るには

室内飼育がおすすめです。

室外飼育よりもお金はかかりますが、

自分の世界を作ることが可能です。

一年中繁殖させることができる

室内飼育だと一年中繁殖させることができます。

室外だと春の少し暖かくなってきてから、

秋の少し涼しくなるまで産卵をします。

しかし、室内だと、ヒーターにより、

温度調節ができたり、ライトにより、

日照時間の調整ができたりと

メダカの産卵に適した環境を

人工的に作ることが可能です。

高級メダカの販売などを考えられてる方は

こういった室内飼育で繁殖させるのも手でしょう。

水槽だと横から見ることができる

室内水槽の醍醐味といえば、

横見ができることだと思います。

最近だとロングフィンなどのヒレ長が

流行っています。

横見だとさらに魅力的にメダカが映るでしょう。

室外だと基本上から観察することに

なると思いますが、横見でさらなる魅力に

触れることができると思います。

外敵が現れなくなる

メダカの外敵のヤゴやカエルといった

外敵に限らず、猫や鳥といった外敵からも

攻撃されることがなくなります。

よく室外飼育でメダカが急に消えたなどの

現象を防げるかもしれません。

憧れのアクアリウムができる

一年中繁殖させることができる

水槽だと横から見ることができる

外敵が現れなくなる

 



室外飼育のメリット

次に室外飼育のメリットを

話していきたいと思います。

飼育スペースの確保

メダカが趣味でいろんなメダカを飼うのであれば

ビニールハウス飼いは除いて

室外飼育一択になると思います。

本気でいろんなメダカを繁殖して、

メダカを増やすには、

一種類のメダカを飼うにしても

最低3つの容器は必要になります。

卵、針子用/幼魚用/成魚用

といった容器が必要となります。

室内の整った環境で飼育する場合よりは

死ぬ確率は上がりますが、

大量のメダカを飼うには室外飼育一択です。

丈夫なメダカになる

室外の環境で育つ際は、

やはり、最低限のメダカが生きていける環境が

あれば、基本どこでも生きていくことができます。

室内飼育で買われているメダカは

ある意味過保護なので、環境変化に対する

対応力が備わってない為、室外のメダカよりも

デリケートになります。

飼育にお金があまりかからない

室内に比べてお金がかかりにくいです。

室内だとエアーをいれたり、ヒーターを入れたり、

ライトをつけたりと維持費がかかります。

また基本つけっぱなしの為、室外に比べ

かなりコストがかかります。

その点室外だと上記のようなものを使わないので、

経済的です。

飼育スペースの確保

丈夫なメダカになる

飼育にお金があまりかからない

まとめ

vsと書きましたが、飼育者の環境によって

左右されるということが分かりました。

自分の予算にあった飼育、また環境にあった飼育

をする必要があります。

たぬメダカでした。。。

\多くの方に見て頂きたいのでポチッと応援お願いします/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
メダカ飼育
スポンサーリンク
たぬメダカをフォローする
スポンサーリンク
たぬメダカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました