初心者必見 針子(メダカの赤ちゃん)の容器はどれぐらいの大きさがいいの?

メダカ飼育

初心者必見 針子(メダカの赤ちゃん)の容器はどれぐらいの大きさがいいの?

初心者の方は

針子って小さいけど、
どれぐらいの大きさの容器で飼えばいいの?
小さい容器でいいのかなー?

なんていう悩みは必ずあるものです。

皆さん通ってきた道です!!

ではどれぐらいの大きさの容器が

良いのか書いていきたいと思います。

容器の大きさについて

初心者は正直容器の大きさなんて

どんな大きさでもいいんじゃないの?

なんて皆さん思うと思います。

私も思っていました。

結論から申し上げますと、

針子の容器は小さくても大丈夫です。

百均などで売っている小物などを入れる

プラスチックのケースで十分です。

針子飼育用のネットなども売ってます。

(親がいる容器に浮かべるタイプのネット)

初心者はこういうのを使うのもよいでしょう。

親と隔離できますから!!

しかし、私がオススメするのは大きな容器

メダカの針子小さい容器でも

もちろん飼うことはできます。

しかし、私がオススメするのは

大きな容器です。

初心者からすると、

水の量がかわるだけでしょ?
場所とるから大きいの嫌。

っていう声が聞こえてきそうです。

しかし、実は水の量ってメダカ(針子)飼育に

かなり大切なことです。

初心者こそ大きな容器で飼うべきです。

 



水が多いとなにがいいの?

水が多いと何が良いのでしょうか?

急激な温度変化を抑えることができる

メダカにとって急激な温度変化は

かなりのストレスになり、

体調を崩す原因になります。

針子なら成魚より体が弱いですから

受ける影響は大きいです。

水質悪化を軽減する

川のように水が循環してるわけではないので、

容器飼育だと水質悪化が起こりやすいです。

しかも、小さい容器だと尚更起こりやすいのです。

大きな容器だと水の量が多いので、

小さい容器で飼育するより、

水質悪化を軽減することができます。

急激な温度変化を抑えることができる

水質悪化を軽減する

まとめ

針子飼育は容器の大きさはどれぐらいでも良いのですが、

急激な温度変化や水質変化に対応できるように

水の多い大きな容器で飼うのがよいでしょう。

針子を死なさないためにも初心者は大きい容器で飼う方が良いです。

\多くの方に見て頂きたいのでポチッと応援お願いします/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
メダカ飼育
スポンサーリンク
たぬメダカをフォローする
スポンサーリンク
たぬメダカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました