雨がメダカに与える影響とは??メダカに与えるメリット・デメリットとは??

メダカ飼育

雨がメダカに与える影響とは??メダカに与えるメリット・デメリットとは??

たぬ子
たぬ子

雨ってメダカにどんな影響を与えるのかなー。

はるちゃん
はるちゃん

雨はさまざまな影響を与えてるよー。

たぬ子
たぬ子

教えてー教えてーはる先生。

はるちゃん
はるちゃん

わかった。説明していくね。

雨によるメダカへの影響はどのようなものがあるのでしょうか?

自然界に生息しているメダカだと雨など生活していて普通のことであると思います。

メリット・デメリット・対策に分けてお話したいと思います。

雨によるメリット

ここでは雨によるメダカへのメリットをお話ししていきます。

よく雨が降るとメダカが死んでしまうという声をよく聞きますが、

デメリットばかりではありません。

水中の酸素量を増やしてくれる

雨が降ると水面を揺らし、酸素を供給してくれるというメリットがあります。

よく釣りをされている方は雨が降ると魚の活性があがり、

よく釣れるようになるというのを耳にしたことはないでしょうか?

これはまさにそういうことで酸素量が増え、メダカが元気になります。

新しい水が供給される

これは天からの恵みの水です。

濾過されたきれいな水が供給されます。

最近は酸性雨などがよく降るようですが、

これではない限り天からの恵みであると言えます。

水中の酸素量を増やしてくれる

新しい水が供給される

 



雨によるデメリット

先ほどメリットについて話させていただきましたが、

容器飼育だとデメリットの方が多いように感じます。

ではどのようなデメリットがあるのでしょうか?

長期間の雨による温度変化・水質変化

雨はメリットが酸素を供給してくれたり、

新しい水を注いでくれるとお話ししましたが、

しかしこれは適度な雨によります。

雨が多量に長時間降った場合はどうでしょうか?

急激な温度変化また水質変化に繋がります。

普通メダカは自然界で生息しています。

自然界なら水量の多い川などに生息しているため急激な温度変化や

水質が急激に酸性に傾くなどはないですが、容器で飼っているメダカだとどうでしょうか?

限られた水量の中生きています。

限られた容器だとこういったことが容易に起きてきます。

メダカが体調を崩しやすいのはこういう要因があります。

適度な雨ならあまり問題はないのですが、多量の雨や長期間の雨の場合は

気にしてあげる必要があります。

容器の水が溢れてメダカが流される

多量の雨が降ると容器の水位があがり、水が溢れてしまいます。

溢れることにより、メダカが流されてしまいます。

また水位が上がるとメダカが飛び跳ねて外に出てしまうという事件がおきます。

よく飼っていたメダカが消えたと聞くのはこのことが多いようです。

気を付けましょう。

グリーンウォーターの色が薄くなる

雨の水が容器に入ることでグリーンウォーターが薄まってしまいます。

また雨により陽が出なくなってしまうため、日照時間の関係でも減ってしまいます。

グリーンウォーターが薄くなり、底に緑色のモノが溜まっていると

植物プランクトンが死んでしまったことを意味します。

植物プランクトンが底に沈澱してしまってる場合は水換えが必要な場合も出てきます。

長期間の雨による温度変化・水質変化

容器の水が溢れてメダカが流される

グリーンウォーターの色が薄くなる

対策

長期間の雨による温度変化・水質変化

飼育容器を大きくしてあげよう

容器を大きくしてあげることで急激な温度変化、水質悪化をさけることができます。

容器の水が溢れてメダカが流される

オーバーフロー対策をしてあげよう

硬めのスポンジやタオルを容器のフチに洗濯バサミで挟んであげることで

水位上昇を抑えることができます。

グリーンウォーターの色が薄くなる

容器の上に何かを被せてあげよう

容器の上に少し隙間を開け、発泡スチロールや木の板などを被せてあげると

かなり効果があると思います。

Q長期間の雨による温度変化・水質変化

A 飼育容器を大きくしてあげよう

Q容器の水が溢れてメダカが流される

Aオーバーフロー対策をしてあげよう

Qグリーンウォーターの色が薄くなる

A容器の上に何かを被せてあげよう

まとめ

一番は大きな容器でできるだけ雨が入らないようにしてあげるのが良いですね。

たぬメダカでした。。。

\多くの方に見て頂きたいのでポチッと応援お願いします/
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スポンサーリンク
メダカ飼育
スポンサーリンク
たぬメダカをフォローする
スポンサーリンク
たぬメダカ

コメント

タイトルとURLをコピーしました